脚本ブログ
ポストする作家によって ビクトリア・ルシア

Top 5 Tips for Writing Strong Dialogue in a Screenplay

Top 5 Tips for Writing Strong Dialogue

Human communication is weird — we “hmm,” “mm,” and “like” our way through conversations. We pause, we misdirect, we ramble tangentially. The majority of the time, we don’t even speak in person. We text, we message, we post on social media, and we speak on the growing-more-rare phone. As screenwriters, we have to be able to represent human communication in ways that feel realistic, cool, and inspirational. It’s not easy and can be pretty daunting, so here are some tips that are sure to come in handy when you’re sweating your dialogue!

脚本家、あなたの場所を一列に並べてください! 限られた数のベータテスターにSoCreateScreenwritingSoftwareをリリースすることに近づいています。

  • Screenplay Dialogue Tip 1: Realistic can be misleading

    Everyone praises and strives for “realistic dialogue,” but is that even a thing? In real life, we’re never quite as witty or on point as a script requires. In real situations, people don’t always have a zinger or a killer last word to depart on. People notice and describe dialogue as “realistic” when the dialogue rings true to the moment, and when something about it feels honest. In “Juno,” the strange teen-speak is far from how real teens talk, but it works in the world of the story. Don’t get caught up on making something feel realistic, but instead consider if it feels honest and sincere in the world of the story you’re telling.

  • Screenplay Dialogue Tip 2: Too on the nose?

    Rarely do people say what’s on their mind or spill their guts entirely. Try to avoid dialogue that gives everything away. Often, we need our characters to give exposition important to the story, but as a writer, it’s our job to make that expositional dialogue not sound like expositional dialogue. This is where we get to be creative and use things like nuance and subtext to get what we need to be heard across in a section of dialogue without being too heavy-handed. 

  • Screenplay Dialogue Tip 3: Less is Best

    More often than not, less dialogue is better. Dialogue should be purposeful, and fluff should be cut. Use action and imagery in place of dialogue where possible. Often, using action in place of dialogue will be more impactful than if your character were to talk about what’s going on.

  • Screenplay Dialogue Tip 4: Don’t make it too easy

    This is a big thing for me. I have to always remind myself to up the stakes, up the tension, and, most of all, up the conflict. Don’t make your dialogue easy for your characters. Find the natural places where conflict might arise in your dialogue. Maybe other characters want to give your main character a hard time about something, or perhaps someone refuses to talk about what your main character wants to talk about and avoids it by bringing up other things. In real life, a lot of conversations lean towards the bland and blah, but in a script that should be avoided. Injecting tension and conflict into your dialogue can be an excellent way to keep things moving and feeling urgent.

  • Screenplay Dialogue Tip 5: Distinctive Voices

    We’ve all heard it before. Your characters should have distinctive voices; they all shouldn’t sound the same. We’ve heard it before for a reason. It’s good advice! If I get feedback suggesting that my characters sound too similar, I like to do an editing pass for “voices.” I’ll start with my main character and focus on how they sound in my head, sometimes jotting down notes on important aspects of how they talk. Then I’ll go through their lines adjusting accordingly, repeating the process for each character. 

Don’t let dialogue stress you out! Hopefully, these tips will help when you find yourself struggling with your dialogue. Good luck and happy writing!

... に興味があるかもしれません

トップ 4 ロマンチックコメディを 作成するためのヒント

伝統的な脚本でロマンチックコメディを書くための4つのヒント

私はロマンチック・コメディーの大ファンではありません。 そこで私はそれを言った。ロマンチック・コメディーは、私のお気に入りではないジャンルの1つです。その理由はいくつかあります。 1.このジャンルは多様性に欠けています。2.それらは信じられないほど予測可能です。3.私はたくさんのミートキュートしか受け取れません。 では、このジャンルは私のお気に入りではないので、どのようなヒントを与えることができますか?ロマンチック・コメディーが非常に優れていることに気付いたことについて考えるための事柄を提供します! 慣習を破る: 「プリティウーマン」について考えてください。 売春婦とジョンの間のラブストーリーが最も象徴的なロマンス映画の1つになると誰が思ったでしょう...

トップ 6 ホラー脚本を 書くためのヒント

従来の脚本でホラー脚本を書くための6つのヒント

ホラー! それは、素晴らしいときは素晴らしいというジャンルですが、悪いときはすごく悪いこともあります。 では、どのようにして優れたホラー映画を書くのでしょうか? 目を離さないことには何がありますか? 怖いのかどうやってわかるの? スティーブンキングを身につけるためのヒントをいくつか紹介します。 1)ホラー脚本の構造を知る。 あなたの映画は斬新な映画ですか? モンスター映画? 幽霊物語? そのような他の映画をよく理解してください。 特定のタイプの映画に慣れるほど、視聴者の期待を理解し、それをうまく活用できるようになります...

テキストメッセージを書く方法

従来の脚本でテキストメッセージを書く方法

ああ、21世紀の生活。 空飛ぶ車はなく、私たちは地球上で生活することに縛られています。 しかし、私たちはテキストを介してほとんど独占的にコミュニケーションを行っています。これは確かに祖先に感銘を与えた能力です。 現代に設定されたスクリプトでのコミュニケーション方法のこのような重要な変更を反映する必要があります。 今日は、脚本でテキストメッセージを書くことについて話します。 どのようにフォーマットしますか? それはどのように見えるべきですか? テキストメッセージには標準の書式設定がないため、「伝えようとしていることがはっきりしている限り、やりたいことを行う」ようなものの1つです。 あなたが持っているなら...

コメント