脚本ブログ
ポストする作家によって ビクトリア・ルシア

脚本を小説に適応させる方法

小説を脚本に適応させることについてよく耳にしますが、適応プロセスをひっくり返したい場合はどうでしょうか?

脚本を小説に適応させることは、元の脚本を売る必要なしに、プロデューサーを引き付けたり、元のストーリーからお金を稼いだりするための回り道です。 過去に、作家はオリジナルの本を書き、それらを制作会社に選んだ後、その小説に基づいて映画の脚本を書きました。

今日、一部の作家は、スペックスクリプトの元のアイデアを採用し、それを本に変えてオプションを選択し、元のスクリプトを書き直したり販売したりしています。 そして、あなたもできます。 この方法の方が簡単だと主張する人もいるかもしれません!

脚本を小説に適応させるには:

  • スクリプトをアウトラインとして使用する

  • これが短編小説か、中編小説か、小説かを判断します

  • ストーリーの視点を理解する

  • あなたの散文の声を見つけてください

  • プロットの穴を埋める

  • サブプロットを展開する

  • あなたのキャラクターを掘り下げる

  • あなたが書いているものに似た小説を読んで、小説を書くことをよりよく感じてください

  • 出版ルートを探る-自費出版、小規模出版社、または大規模出版社

これは過去に見たものとは異なる軌道ですが、一部の作家はそれで成功を収めています。 観客がいる人気の本は、観客がいない脚本よりも制作会社を魅了します。

場所をとっておいてください!

SoCreate脚本ソフトウェアへの早期に利用できるようにしてください。サインアップは無料です!

脚本を小説に適応させる方法

脚本を小説に適応させる方法

この記事では、既存の脚本を新しい形式に適合させる方法について説明します。 あなたはそれに新しい人生と発見と成功の新しいチャンスを与えるでしょう!

スクリプトをアウトラインとして使用する

脚本は、物語のストーリーテリングよりも視覚的なストーリーテリングに重点を置いた、ストーリーの絞り込みバージョンです。 そして、あなたは何を知っていますか? その脚本形式はあなたの小説の完璧な出発点になります!

脚本を本のプロットポイントのアウトラインとして使用します。 シーンの見出し、コアの競合、およびキャラクターをそのまま維持します。

スクリーンライティングソフトウェアから従来のワードプロセッサにコンテンツをコピーします。

プロットポイントをマップし、空白を埋める準備をしてください。

これが短編小説か、中編小説か、小説かを判断してください

脚本の概要に基づいてストーリーに追加する前に、完成した本の長さを決定してください。

短編小説は1,000から15,000語のどこかになります。

中編小説は20,000から50,000語のどこかになります。

小説は80,000から100,000語の範囲で上陸します。

ストーリーの視点を理解してください

脚本はすべて第三者の現在形で書かれています。 小説を書くときは、視点(POV)と時制のオプションがあります。

どのPOVまたは時制があなたのストーリーに最も役立つかを決定するためにいくつかの考慮が必要かもしれません。

視点をいじってみてください。 あるキャラクターの視点を別のキャラクターよりも好むかもしれません。

ミン・ジン・リーがベストセラーの「パチンコ」で行ったように、新しい章ごとにPOVを切り替えることを好むことに気付くかもしれません。

あなたの散文の声を見つけてください

スクリーンライティングから小説の執筆に移行するのは少し学習曲線です。 散文の書き方をいじって実験する必要があります。

新しい媒体で書くとき、あなたの声を発見するのに時間がかかることがあります。 自分自身に過度の負担をかけないでください。そして、この新しいタイプのプロジェクトであなたの文章がどのように聞こえるかを探求することに心を開いてください。

詳細とサブプロットを展開する

スクリーンライティングのマントラは、物事を無駄のない、明確な、そして簡潔に保つことです。 語るのではなく見せるのを忘れないでください。 物事を動かし続け、過度の説明で時間を無駄にしないでください。 これらの慣行は読みやすい脚本になりますが、小説の執筆ではうまく機能しません。

小説の執筆は、脚本で捨てなければならなかった説明の散文を受け入れるチャンスです。 私たちがいる世界について教えてください! あなたのキャラクターの考えや気持ちを教えてください! スクリプトに含めることができなかったプロットポイントとサブプロットを展開します。

あなたの脚本を小説に適応させることは、あなたの物語の世界にあなたの読者を拡大して没頭させるあなたのチャンスです。

あなたのキャラクターを掘り下げてください

あなたが本を書くとき、あなたはあなたの脚本で輝く余地があまりなかったかもしれない他のキャラクターを通して物語を語るより多くの時間を持っています。

たぶん、あなたがあなたのスクリプトで掘り下げる時間よりも、2人のキャラクターの間の関係にもっと多くのものがあります。 または、脚本に一行の会話しかなかったマイナーキャラクターにキャラクターアークを与えたい場合もあります。 本では、キャラクター開発のためのより多くの時間があります。

今、読者はキャラクターとそれらがどのように相互作用し、物語に影響を与えるかについてのニュアンスを知るためのより多くの時間を持っています。

あなた自身に似た小説を読んでください

脚本を本に適応させる前に、自分と同じジャンルとストーリーテリングスタイルの本をいくつか読んでください。

これは、映画の脚本の代わりに散文を書くゾーンに入るのに役立ちます。 それはまたあなた自身の物語のためのいくつかのアイデアとあなたがそれをより長い形に拡大することができる方法をあなたに与えるでしょう。

まだいいですか? 映画になった本、またはその逆を選択して、作家がメディアに合わせてプロットを縮小および拡大した方法を確認してください。

出版を探る

自費出版のおかげで、脚本を売るよりも、今日小説を出版する方が簡単です。三つの主要な出版ルートは、自費出版、小規模出版、または大規模出版社との協力です。 出版業界へのこれらのルートにはそれぞれ長所と短所があるため、必ず調査を行って、どの出版オプションが最適かを判断してください。

一部の作家が脚本を小説ではなく小説に適応させる理由は簡単に理解できます。

このブログ投稿は楽しかったですか? 共有は思いやりです! 選択したソーシャルプラットフォームで共有していただければ幸いです。

時々、出版は映画産業よりもあなたの物語の成功へのより良いルートを提供します。 そして、適応プロセスはこの方向に書くのに非常に役立ちます!

これで、独自のスクリプトを適応させる方法についてのアイデアが得られました。 ハッピーライティング!

... に興味があるかもしれません

タイプに基づいてストーリーの単語数を選択する方法

タイプに基づいてストーリーの単語数を選択する方法

私は、脚本から小説、詩から絵本、ドリブルからドリブルまで、作家がストーリーを語るために利用できるすべてのオプションを調査してきました。 時間に余裕があるか少しであるかにかかわらず、利用できるオプションはたくさんあります。 今日、私はあなたが書くことができるさまざまなタイプの物語の定義と、単語数、出版オプション、そしてそれらのそれぞれに伴う課題を含む、読者の期待がどうなるかを分解しています。 出版社は、いくつかの理由で以下のガイドラインに固執することがよくあります。読者は、あなたが話していると言っているストーリーのタイプに基づいて、何を期待できるかを知っています...

あなたのウェブサイトで書くこと、音楽、芸術などでお金を稼ぐ方法

あなたのウェブサイトで書くこと、音楽、芸術などでお金を稼ぐ方法

ウェブサイト。 特にあなたが潜在的な雇用主や協力者に彼らの作品を紹介する必要がある創造的な分野の人であるならば、ほとんどすべての人がビジネスオーナーだけでなく、今日それを必要としています。 それで、あなたはウェブサイトを持っているかもしれません、しかしあなたは本当にそれを最大限に活用していますか? あなたのウェブサイトを使ってあなたの仕事からお金を稼ぐ方法があると私があなたに言ったらどうしますか? 興味がある? さて、今日私は書くこと、音楽、アートワークなどからお金を稼ぐためにウェブサイトを構築する方法について話しているので、このブログ投稿を読み続けてください! ウェブサイトを構築する方法はたくさんあり、無料のものと有料のものがあります。 いくつかは生成します...

短編小説フラッシュフィクション、詩からお金を稼ぐ方法

短編小説、フラッシュフィクション、詩からお金を稼ぐ方法

小説、ハウツーガイド、他社向けのコンテンツ作成は、あなたの作成からお金を稼ぐ唯一の方法ではありません! あなたはあなたの創造的なストーリーテリングで現金を稼ぐことができます、そして私は長い形式のものについて話していません。 短編小説や詩にも場所があります。 短い形式のビデオコンテンツのように、人々はすぐに楽しませて、少しの時間で現実から離れる方法を切望します。 市場には、短編小説家がその才能に対して金銭的に報われる機会がたくさんあります。 賞金を提供するコンテストに参加する:すべてのコンテストが同じように作成されるわけではないことを知っておいてください。 いくつかのコンテストはあなたが...