脚本ブログ
ポストする作家によって コートニー・メズナリッチ

元開発担当幹部が脚本家が完璧な総会に参加する方法を語る

幸運なことに開発担当役員と面談できる場合は、準備を整えておいてください。 そこで、元開発担当幹部に、脚本家が期待することを尋ねました。 現在、総会と提案会議には違いがあります。

売り込みミーティングでは、売り込み相手とすでに会ったり話したりしている可能性が高く、簡潔で視覚的な方法で特定の脚本の一般的な味を伝えようとしています。

総会は、しかしながら、「知り合いよりも、実際には自分自身を売り込むことよりも、ストーリーやピッチを売り込むことよりもはるかに」とダニー・マナスは私たちに語った。 現在彼自身のビジネスであるNo BullScript Consulting(会社名)を運営しているマヌス(Manus)は、幹部の観点から知っておくべきことを脚本家に教えています。 結局のところ、脚本はビジネス感覚に関するものと同じくらい執筆に関するものだからです。

「総会は一度開催されます。幹部として、私はあなたのスクリプトを読みました。私はあなたのスクリプトが好きでした。私はあなたと会いたいです、あなたが取り組んでいることを見てください。私が読んだスクリプトについて話すだけでなく、 大丈夫ですが、あなたが他に取り組んでいることを知りたいのです。」

スクリプトコンサルタントダニー・マナス

それで、全てがうまくいけば、完璧な総会はどのように見えますか?

「完璧な総会–それはプロであり、あなたの個性を引き出すことだけが目的なので、私たちはどのような人とビジネスを始めるのかを知っています」とダニーは説明しました。 「たぶん、あなたに取り組んでもらいたいことがあるでしょう。 私はあなたと知り合いになりたい、あなたが私の人生の次の5年間、一緒に働きたい人であるかどうか、あなたが協力的であるかどうか、興味があるかどうか、アイデアがあるかどうか、 私たちのアイデアに共感できるか、同じページにいるかどうかを確認してください。

ビジネスパーソンのように振る舞います。 あなたの本当の自分になることを恐れないでください。 そしてあなたのアイデアを表現してください!

簡単そうだね、😉

... に興味があるかもしれません

コメント